​感染対策
Infection control
感染対策.png

​院内感染対策

当医院では患者様の安全・健康確保を考慮した感染予防策を強化しています。
院内感染(患者様から他の患者様への感染)は、医療の現場では防がなければならない問題です。
歯科治療では、歯の切削片、血液、唾液が大小さまざまな機械、器具を介して感染症を引き起こす
可能性があるため、完全に滅菌・消毒される必要があります。
当医院では、院内感染を防ぎ、皆様に安心・安全な歯科医療を提供するために、消毒・滅菌はもちろん、その他にも様々な対策を講じています。

#1.jpg

治療器具の滅菌処理
治療で使う器具は、高圧蒸気滅菌装置で滅菌しております。
B型肝炎、C型肝炎のウィルスやエイズウィルスなど、すべての微生物を死滅させることができます。
高圧蒸気滅菌装置を2台設置しております。

#2.jpg

ハンドピース専用の自動洗浄・高性能滅菌器使用
DACユニバーサルを導入しております。
DACユニバーサルとは、タービン、コントラ、ハンドピース(治療に使うドリル)などを精製水を用いて機械の内部・外部の洗浄からオイル注油・滅菌を自動的に行うことができるシステムです。

#3.jpg

治療器具の保存
器具は治療開始寸前まで滅菌パックで保管することで、無菌状態を維持しています。

#14.jpg
#15.jpg

また当医院では専属のクリーンスタッフが在籍しており、洗浄・消毒・滅菌を行っております。

空気清浄
常時、空気清浄機によるエアークリーニングを行っております。空気中の細かいほこりやアレルギー物質などを取り除き、診療室内の空気を清潔に保っています。

#4.jpg

診療室のパーソナルスペース確保
診療用椅子ごとにカーテンで仕切られており、
他の患者様との間隔を十分に確保しています。
使用ごとに、抗ウィルス作用のある消毒剤での清拭消毒を行っております。

#5.jpg

口腔外バキュームの設置
機器の使用により、口腔内の細菌やウイルスが空気中に浮遊するエアロゾル飛沫感染の防止を行っております。

#6.jpg

ディスポーザブル(使い捨て)
紙コップ、エプロン、トレーペーパーなどは使い捨てして、患者様ごとに新しいものと取り換えています。
グローブも、毎処置ごとに交換し破棄しております。

#7.jpg

定期清掃
手にウイルスが付着するリスクのある場所を、定期的に抗ウィルス作用のある消毒剤での清拭消毒を行っております。

#11.jpg

密閉・密集・密接を防ぐ広い待合室
ソーシャルディスタンスを確保し、人と人の物理的距離を保つようにしてあります。 また予約の制限をさせていただいております。 付き添いの方もご一緒の入室をお願いしております。 待ち時間がある場合、お車での待機をお願いしております。

#16.jpg

飛沫防止の透明シート

受付は透明シートを設置し、飛沫感染の防止をしております。

#8.jpg

換気
常時換気のために待合および診療室内の窓を開けて対応しております

#9.jpg

スタッフの健康管理
出勤前、退勤後に同居者・家族に発熱、喉の痛み、咳の症状が認められた場合、症状が回復するまで出勤停止いたします。

#10.jpg

手指消毒
入口に手指用の消毒液をご用意しております。
ご来院の際は、来院時、お帰りの際に必ず手指消毒いただきますようお願い申し上げます。