インプラントブリッジの違い

1本もしくは2本くらいの歯が抜けてしまった場合、従来ではブリッジという治療法が多くされていました。
ここでは、インプラントとブリッジの違いについて説明します。

インプラントとブリッジの違い.jpg

インプラントと入れ歯の違い

多数の歯を欠損してしまった場合、従来では入れ歯という治療法が多くされていました。
ここでは、インプラントと入れ歯の違いについて説明します。

インプラントと入れ歯の違い.jpg

インプラントがダメになるケース

そのほとんどが歯周病によって骨が侵されてしまい、顎骨に埋めた人工歯根を支えられなくなる場合です。
原因はかみ合わせの不調和や磨きのこしによる汚れが主なものです。

適切なインプラント治療を受け、治療後に歯周病などにかからないように定期的な検診とクリーニングが必要になります。
自分の歯と同様、インプラントも、予防をすることにより歯の寿命が数段よくなります。